オフィスシャッツ

SERVISE事業内容

コンサルティング部門

弊社は、中小企業に対する財務・労務コンサルティング会社として2001年にスタートしました。
中小企業にとっての状況は、これまで以上に多岐にわたり複雑化しています。
その中にあって、弊社は弁護士・公認会計士・税理士・社労士・行政書士等士業の方々と連携し、企業のニーズを先取りすることでその企業のサポートを行ってきました。

近年、ビジネスモデルとしての営業戦略は当り前として、より早い企業の成長の為に財務・労務戦略が不可欠となっています。
多くの経営者は、営業戦略において「誰にも負けない営業マン」であるにもかかわらず 財務・労務戦略の為に多くの時間を割かなければいけない状況に陥っています。
昔から成長する企業には、必ず「番頭さん」がいました。
突き進む「ご主人」の裏方として営業戦略以外をサポートするのが、弊社が考える良き「番頭さん」です。

例えば、同じ弁護士に分野も関係なしに一元的な相談をしてないでしょうか。
税務会計の専門である筈の税理士に管理会計や財務会計の相談をしてないでしょうか。
ましては、金融機関との対応を税理士任せにしていませんか。
或いは、社員のモチベーションに関わるはずの給与の決定及び計算は、単純に社労士で大丈夫ですか。
勿論、それぞれの士業の方はご自身の専門分野では自信と責任を持って取り組んでくれるでしょう。
但し、最終決定と最終責任は全てあなたにあります。

弊社に営業戦略を尋ねないでください。それは、弊社のビジネスではありません。
但し、あなたが、夢の実現のため企業としてより早い成長を望むのであれば良き「番頭さん」としてサポートいたします。

プロパティマネジメント部門

2004年から財務戦略としての業務拡大支援をしてきたクライアントに対し、店舗等の運営管理サポートの一貫として不動産管理を開始しました。
2006年にビル管理会社をM&Aにより傘下に収め、建物・店舗の法定点検から清掃業務に到るまで直接実施出来る体制を構築しました。
また、ビル管理会社として綜合警備保障株式会社の代理店及び協力会社として業務を開始し、売上の拡大に繋げております。
2012年からは、自社においてレジデンス・商業ビル等の不動産を取得し、
2014年には、一般建設業の建築工事業
2015年には、宅地建物取引業
2016年には、特定建設業のとび・土木工事業、石工事業、鋼構造物工事業、ほ装工事業、しゅんせつ工事業、塗装工事業、水道施設工事業
上記、資格を取得することにより「プロパティマネジメント部門」を確立するに至りました。
現在では、クライアントに対して不動産取得のための資金調達支援から取得不動産のリノベーション及び日常管理に到るまで、ノンストップでのサポートを実施しております。

  • 入居者募集戦略の策定・実施
    ①賃貸物件の分析とマーケット分析
    ②適正な賃料設定の実施
    ③入居者募集活動・リーシングに必要な各種営業ツールの作成
    ④入居者募集活動・リーシング業務
    ⑤入居者条件に関する折衝・審査業務
    ⑥契約締結業務
  • 入居者管理
    ①家賃等の入金管理
    ②未収家賃等の催促・請求
    ③トラブル・クレーム対応
    ④オーナー様への報告
    ⑤入居者の解約手続き
    ⑥サブリース
  • 建物管理
    ①建物・設備等の保守巡回点検
    ②清掃業務
    ③環境衛生業務
    ④24時間機械警備
    ⑤消防設備点検
    ⑥貯水槽清掃・水質検査
    ⑦塵芥処理(ゴミ収集)修繕プラン企画・立案
  • 建築管理
    ①リノベーション(大規模改修工事)
    ②リノベーション(室内バリューアップ)
    ③各種リフォーム
    ④建築プロデュース